サラリーマンの雑記帳 @ 注文住宅建築中

ネット副業の紹介(モッピーなど)。あとは、映画や家造りなど自分の備忘録として使用している雑記ブログです。

モッピー
映画
インカムハウス
大東建託
人材派遣

【前作を超える頭脳戦】「カイジ2 人生奪回ゲーム」ネタバレ~解説

 

基本情報

公開 2011年11月5日
監督 佐藤東弥
脚本 福本伸行、山崎淳也、大口幸子
原作 福本伸行『賭博黙示録カイジ』『賭博破戒録カイジ』

キャッチコピーは

「おかえり、クズの皆様。」

「ダマして、奪え。俺たちの未来を取り戻せ。」

 

監督は前作に引き続き佐藤東弥。

脚本に原作者の福本伸行が加わり原作から大幅にアレンジされていますが、前作を超える頭脳戦となっており見ごたえ抜群の映画です。

キャスト

伊藤カイジ:藤原竜也
一条聖也 :伊勢谷友介
石田裕美 :吉高由里子
利根川幸雄:香川照之
坂崎孝太郎:生瀬勝久

など。

ここからネタバレ! 本編詳細~解説

前作で地下労働から脱出したカイジ。
しかし、人間の本質はそんな簡単には変わらない。1年も経たないうちにまた借金生活となってしまい地下の労働施設に戻ってきていた。

そして、労働者間でおこなわれているギャンブル「チンチロリン」でさえも負けていた。
しかし!
カイジは相手のイカサマに気がつき、今まで取られていたお金を取り返した。
また、2週間の外出権と、109万もGET。
カイジはこの2週間の間に、受け取った109万円を地下で働いている仲間たちの借金総額である2億円まで増やそうと考えていた。

利根川との再会

地上に出たカイジが「どうやって2億円まで増やそうかな~」と考えていると・・・前作の宿敵・利根川(香川照之)の登場。
利根川は、前作でカイジに敗れたことですっかり落ちぶれてしまっていた。
そんな利根川が「109万を2億に増やす唯一の方法」をカイジに教える・・・。

人食いパチンコ「沼」

~ルール~
・朝鮮額は最低300万~最高1000万
・最後の穴に玉がはいれば今まで貯まった分すべてを獲得できる。総額、なんと13億。

 

カイジはこの会場で坂崎(生瀬勝久)という男から声を掛けられと手を組むことに。
坂崎は、リストラ・離婚という転落人生を一発逆転するために「沼」攻略を目指して日々研究をしていた。
そして坂崎にはもう1人協力者が。
それは、前作のブレイブメンロードで命を落とした石田の娘・裕美(吉高由里子)だった。
裕美は父親を殺した帝愛に復讐するために「沼」がある裏カジノでバイトをして情報収集をしていた。
そして3人はある作戦を実行する。

いざ勝負

作戦とは「金属検査をクリアした後に従業員である裕美が磁石を仕込んだビール缶を坂崎に売り、そのビール缶でパチンコ玉を誘導して大当たり~!」大作戦。


この日のために用意した資金2000万円でいざ挑戦。
しかし、パチンコ玉は反応せずに作戦は失敗してしまう。

何故だ・・・?
なんと、裕美は裏カジノの支配人である一条(伊勢谷友介)のスパイであり作戦をすべてばらしていたのだ。
裕美は「カイジが裕美の父を殺した」と一条に吹き込まれておりカイジを恨んでいた。

作戦会議

「沼」との再戦にそなえてカイジと坂崎、そこに利根川も協力。
裏カジノの支配人室の天井まで通じる穴を掘るなど地道な準備を進めていた。
さらに、一度カイジ達を裏切った裕美も登場。
さすがに100%の信頼はできないので、作戦を詳しく教えることはなく手伝い程度に参加させていた。

 

最終決戦

カイジが「沼」に挑戦。
パチンコの釘の配置は、一番玉が通りにくいはずの配置になっているはずなのにナゼかどんどん玉が通っていく。
ここで一条が「イカサマだ!」と中断。
「宅配業者のふりして玉を小さいものに変えたんだろ?だからこんなに玉が通るんだ」と話す。
この作戦をばらしたのは・・・またもや裕美。会議をしている時に盗聴器をしかけていたのだ。
一条が玉の大きさをチェックすると・・・小さくない!普通の玉!
カイジ達は裕美が再び裏切ると予想し、フェイクの作戦会議をしていた。
ではナゼこんなにも玉が通るのか?
支配人室の天井まで通じる穴を使い、釘を調整する棒を入れ替えることで、一条が釘の幅を調整するたびに入りやすくなるように仕込んでいた。

 

しかし、これぐらいじゃあ「沼」は攻略できない。
玉が入りづらいように傾斜がつけられていた。
「沼」自体の傾斜はもちろん、「沼」が設置されているビルのフロアごと傾いていたのだ。
フロアごとはさすがにどうしようもできない気が・・・いや、カイジは違う。
ビルの空きフロアに水槽を用意して、そこに20トンの水を貯めることでビルごと傾けることで「沼」を水平にした。

 

こうして玉が最後の穴に入りそうになるが・・・プシュ!
穴から空気が出て玉を阻止。
ただ、傾斜がなくなったことで玉が流れなくなり徐々にパチンコ台の中に溜まってきた。

 

穴に入らないよう玉を弾く空気
  vs
穴に入ろうとする溜まりに溜まった玉

 

しかし、あと一歩のところで資金が底をついてしまう。
終わった・・・と思ったが、裕美があらわれ、裏カジノの従業員が持つことの出来る1000万分のカードを差し出した。
「私も貰うよ、分け前」
一条が必死に止めるが、裕美はカードをカイジに渡し・・・ついに、穴に玉を押し込むことに成功!!
カイジ達は13億を手にした。

最後

坂崎は出て行ってしまった妻子のため、裕美は死んだ父の想いを胸に、お金を持って旅立っていった。
残った利根川とカイジは「この金をかけてEカードをしよう」と2人分のお金を車にのせ出発。
しかしゲーム中に車から煙があがる。
「どうせ利根川、お前の演出だろ?逃げたら負けだぞ~」とカイジが呑気なことを言っていると、車、大爆発。
せっかく勝ち取ったお金も燃えてしまった。

残ったわずかな金で地下労働施設から解放された仲間たちに焼肉をご馳走するカイジ。
その姿を遠くから眺める利根川。そして、利根川の手元には爆発したはずの大金が。
あらかじめすり替えており、爆発させることでカイジを騙していた。

最後まで騙されたカイジだったが、地下から脱出し、借金もチャラになったことで全てから解放されたのだった。

感想

帝愛チーム vs カイジチームという感じで前作よりもチームプレー感が強かった今作。

カイジと一条の頭が切れる者同士の頭脳戦は非常に見ごたえがあります。

裕美はちょっとコロコロ寝返りすぎでは、と思ったが、「私は勝てるほうに見方する」と言っているので一貫性はあるかな。

続編

2が公開されてから9年後に、『アイツが帰って来る―』というキャッチコピーで第3作『カイジ ファイナルゲーム』が公開されました。

次のカイジの相手は・・・国家。シリーズ最終作となるそうです。

僕も見終わり次第このブログで紹介させて頂きます♪

前作『「カイジ 人生逆転ゲーム」レビュー』はこちら

 

『「カイジ2 人生奪回ゲーム」レビュー』最後まで読んでいただきありがとうございました! 

f:id:moppy-and-movie:20200109225132j:plain

 

【映画 本編概要~解説 一覧】へ戻る

ブログTOPへ戻る