「モッピー副業」を紹介しつつ「映画」も紹介するブログ

ネット副業No.1サイト「モッピー」の攻略法を説明。ついでに好きな映画も紹介している勝手なブログです。

【超地域格差】「翔んで埼玉」ネタバレ~解説

基本情報

公開 2019年2月22日
監督 武内英樹
脚本 徳永友一
原作 魔夜峰央「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」

予告映像はしょっぱなから「日本には最も虐げられた県があった。そう、ここは、埼玉」というディスリナレーションでスタート。

主題歌は、都道府県の歌といえばこの人!はなわさんが担当。

 

キャスト

壇ノ浦百美  :二階堂ふみ
麻実麗    :GACKT
阿久津翔   :伊勢谷友介
壇ノ浦建造  :中尾彬
壇ノ浦恵子  :武田久美子
埼玉デューク:京本政樹
菅原好海   :ブラザートム
菅原真紀   :麻生久美子
菅原愛海   :島崎遥香
五十嵐春翔  :成田凌

など。

ここからネタバレ! 本編詳細~解説

埼玉でずっと育ってきた菅原愛海(島崎遥香)と五十嵐春翔(成田凌)との結納の日。
菅原家は結納のために車で埼玉から東京に向かっていると、ラジオ「NACK5」から、埼玉の都市伝説の話が流れてきた・・・。

ラジオを聞いてみると・・・

昔、埼玉県人は通行手形も持っていなければ東京に入ることすらできず、もしズルをして入ってもバレたら強制送還という差別扱いを受けていた。
もちろん、同じ学校の中でも埼玉県人というだけで区別され劣悪な環境で学校生活を送るはめに。
生徒が体調を崩して医務室を利用しようとしても、生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」と一喝。

そんなある日、東京都知事になるための養成学校として有名な超名門校・白鵬堂学院に、海外から麻実麗(GACKT)という美少年が転校してきた。
百美(二階堂ふみ)は、麗が埼玉県民を妙にかばうため不審に思い、全校生徒の前で東京のどこの空気かを当てさせる「東京テイスティング」を実行するが、麗は見事クリア。
(GACKTがテイスティングする姿は年始特番「格付けチェック」とかぶりました。笑)

麗の秘密

仲良くなった百美と麗が一緒に出掛けていると、そこにSAT(埼玉アタックチーム)が来て埼玉狩りを始めた。
そこで、シラコバトが描かれてる草加せんべいを踏まる「踏み絵」ならぬ「踏みせん」を麗が踏むことができず、麗が実は埼玉県人だということが発覚してしまう。
百美はショックを受けるが、愛する麗と共に行動することを決意。
麗と百美が旅を続けていく中で、通行手形制度の撤廃は埼玉だけでなく、埼玉よりも先に千葉が実現させようとしていることもわかり、「埼玉」vs「千葉」の全面戦争へ。 

 

「埼玉」vs「千葉」

千葉⇒YOSHIKI(X JAPAN)、桐谷美玲、真木よう子、市原悦子、小倉優子 など
埼玉⇒高見沢俊彦(THE ALFEE)、反町隆史、竹野内豊 など

どれだけの有名人を輩出しているかの出身地対決などで勝負は拮抗。
しかし、戦っている内にお互いの目標は同じ「通行手形の撤廃」だということに気づき団結。東京へ向かった。

「埼玉&千葉」vs「東京」

埼玉と千葉が争っている間、百美は自分の父親である都知事・建造(中尾彬)が通行手形で不正に金を稼いで群馬県の赤城山に隠していたことを突き止めた。
百美がこの事を書いたビラを都庁からバラまいたことで建造は失脚。
その後、百美と麗は埼玉を日本全国に広める「日本埼玉化計画」を開始する・・・。

戻って現代

ラジオを聞き終わると同時に結納場所に到着。
愛海の婚約者・春翔も同じラジオを聞いていたらしく埼玉愛が爆発。新居は東京都内ではなく埼玉だ!と宣伝した。

感想

この映画が公開された時ちょうど埼玉に住んでいたので、話題になっていたこともあり映画館で鑑賞。

めちゃくちゃ埼玉がディスられていますが正直ずっと笑いっぱなしでした。笑

NACK5・草加せんべい・出身地対決など、非常に細かい埼玉ネタが散りばめられていて、「逆に埼玉好きじゃん!」と感じるぐらいの作品です。

 

 

『「翔んで埼玉」レビュー』最後まで読んでいただきありがとうございました! 

f:id:moppy-and-movie:20200109225132j:plain