「モッピー副業」を紹介しつつ「映画」も紹介するブログ

ネット副業No.1サイト「モッピー」の攻略法を説明。ついでに好きな映画も紹介している勝手なブログです。

【AIによる命の選別】「AI崩壊」ネタバレ~解説

基本情報

公開 2020年1月31日
監督 入江悠
脚本 入江悠

キャッチコピーは「その日、AIが命の選別を始めた」

AIが超発達した2030年の日本を描くこの作品。10年後というのが妙にリアルな設定ですね。

監督は、「22年目の告白 -私が殺人犯です-」を担当した入江悠。

「22年目の告白 -私が殺人犯です-」もかなり面白い作品だったのでオススメです。

キャスト

桐生浩介:大沢たかお
桐生望 :松嶋菜々子
桐生心 :田牧そら
西村悟 :賀来賢人
奥瀬久未:広瀬アリス
桜庭誠 :岩田剛典
望月剣 :髙嶋政宏
林原舞花:芦名星
飯田眞子:玉城ティナ
田中英子:余貴美子
合田京一:三浦友和

など。

ここからネタバレ! 本編詳細~解説

桐生浩介(大沢たかお)の妻で、西村悟(賀来賢人)の姉である望(松嶋菜々子)は乳がんと闘っていた。
桐生と西村は、そんな望を救うために医療AI「のぞみ」を開発。

使用許可の申請をするが、厚労省はこれを拒絶。
その結果、治療を進めることが出来ず望は死んでしまった。

桐生と西村は、望の死をばねにAI「のぞみ」が認可してもらえるよう必死に働きかけ、数年後に見事認可がおりた。
そしてAI「のぞみ」は日本中に普及し、世界からも認められる存在となった。

桐生はAI「のぞみ」を開発した功績が認められ、内閣総理大臣賞を受賞。
桐生のスピーチは盛大な拍手で歓迎されたが、この会場に潜り込んでいた反AI派が「AI反対、人間の尊厳を奪うな!」と桐生に襲い掛かった。
間一髪。警察庁サイバー犯罪対策課の桜庭(岩田剛典)が手配していた私服警官が反AI派を取り押さえ収束した。 

f:id:moppy-and-movie:20200109230149j:plain

始まるAIの暴走

桐生の娘・心は、桐生たちと一緒に総理官邸に向かっていたが、忘れ物に気がつきサーバールームに行った。
なんとタイミングの悪い事。

その時にAIが暴走を始め、心はサーバールームに閉じ込められてしまう。
そして、AIは「生きる価値のない人間」を勝手に選別して殺戮をおこなっていく・・・。

桜庭 vs 桐生

桜庭はAIの開発者である桐生が犯人であるとし、捜査AI「百眼(ひゃくめ)」を駆使。
街中のカメラを使って逃げる桐生を追い詰める。
桐生は「閉じ込められた娘・心の救出」と「真犯人を突き止める」ために必死に逃げ回る。
たどり着いたのは、最初に望たちとAI「のぞみ」の元を開発した東北情報先端大学の大学院研究室。
そこで桐生はAI「のぞみ」を元に戻すためのプログラミングを作成。
また、西村の協力もあり真犯人も突き止めた。

真犯人

真犯人、それは警察庁の桜庭だった。
AI「のぞみ」のメンテナンス用のコードとして西村に渡していたものが実は殺戮をおこなうものだったのだ。
桜庭は「今のままでは日本経済は破綻する。生産性のない人間を排除するしかない」と考えていた。
桐生により、この企みがドローンで全国中継されてしまい桜庭は捕まった。
そして娘の心も無事救出。AI「のぞみ」の再起動にも成功し、めでたしめでたし。

感想

ここまで大事件にならないかもしれないですが、AIの暴走により人間が振り回されることもありえるような気がします・・・。

逮捕された桜庭の「AIにより人間が選別される時代はきっとくる」というセリフに対して「絶対ないない~」とも言い切れないが怖いですね。

妙なリアルさがあって面白い映画でした。

 

『「AI崩壊」レビュー』最後まで読んでいただきありがとうございました! 

f:id:moppy-and-movie:20200108232926j:plain