サラリーマンの雑記帳 @ 注文住宅建築中

ネット副業の紹介(モッピーなど)。あとは、映画や家造りなど自分の備忘録として使用している雑記ブログです。

副業
映画
インカムハウス
大東建託
人材派遣

実際に出会った派遣社員④ プライドの塊!超絶やっかいおじさん

地方の人材派遣会社で営業マンをしていた私が実際に出会った派遣社員とのエピソードを紹介していきます。

 

実際に出会った派遣社員④

プライドの塊!超絶やっかいおじさん

派遣営業マンをしていると定期的に出会うのが、異常にプライドがある人。

仕事にプライド・責任感を持っているのは良い事ですが、それを盾に自分以外の人を全否定したり攻撃的になる人がいるのも事実です。

今回は、そんなプライドマンのお話。。。

 

仕事を紹介してほしいと我が社に登録に来た50代男性のHさん。

フォークリフトをはじめ、玉掛け・クレーン・危険物取扱など様々な資格を持っており、かなり幅広い業種での就業経験がある人でした。

自分のスキル・職歴に自信があるオーラがプンプン出ており「下手な対応したらめっちゃ責めてきそうな人だから気を付けないと・・・」と初めの段階から警戒して対応を進めていました。

 

いくつ仕事を紹介しても「俺こんだけ資格あるんだよ?もうちょっと何かないの?」「もっと時給高いところ紹介してよ」「今まで最高で時給1800円で働いたことあるからね」などで跳ね返されてしまう。

 

そんだけの資格を持っていて給料にこだわるなら正社員で探せばいいじゃない・・・。

派遣会社側に文句言われても・・・。

 

登録に来た日は「これ以上は紹介できるお仕事ないです、申し訳ございません」でお帰りいただいたのですが、それから2日おきぐらいにHさんから「仕事ないのー?」と電話が来るので、結局、登録時に提案した中で1番時給の高かったアルミ工場のフォークリフト作業員で就業してもらうことになりました。

仕事が決まった後も「もしもっと時給の良い仕事でたら教えてよ?すぐそっちうつるからさぁ」と言っており紹介した仕事に納得はしていない様子。

 

それでもなんとか仕事がスタートし、普通に勤務していたので一安心していた頃、派遣先の担当者から「御社からきてもらっているHさん、大暴れだよ~、なんとかしてくれない??」と電話がありました。

すぐに現場にむかうと、現場責任者とHさんが何かあるたびに喧嘩をするらしく、現場の空気も悪く至急改善しなければならない状況。

企業様、Hさん本人からヒアリングをすることにしました。

 

<企業の言い分>

安全に仕事をするための規定があり、それをHさんにも教えているが全然守らない。

自己流のやり方をするのでHさんだけ仕事の流れが違っており周りが困っている。

確かに仕事は早いが、なにか事故があっては大変だし、うちで働く以上はうちのルールを守ってほしい。

 

<Hさんの言い分>

ルール?

仕事は早く終わらせるのが正義だろ?

正社員だろうがなんだろうが、俺より作業が遅い奴に指図されたくないね。

 

ここまでのプライドおじさんは珍しい。。。

わかりますよ、昔の職人気質の人なんでしょう、そういう考え方もわかります。

 

ただ、派遣社員としては0点の考え方です。

 

派遣社員である以上、雇用主である派遣元・就業先である派遣先の指揮命令に従い、派遣先企業が求めている労働力を提供して、その対価として時給を払っているのです。

それに従えないのであれば、いくらスキルを持っていようが必要ない人材です。

冷たい言い方になってしまいましたが、人材派遣とはそういうものなのです。

 

「自分のやりたいことをやる」のではなく「派遣先企業の求めている労働力を提供する」ことが何よりも大事なのです。

 

どれだけ話してもHさんが聞く耳を持たないので、はっきり言わないと響かないと思い、

「自分のやり方を優先したいのであれば独立してください。誰にも文句を言われない環境で自由に働けばいいんです。ただ、派遣社員として働く以上は指示に従ってください。」

と言うと、納得はしていませんでしたが、渋々という感じで仕事に戻っていきました。

 

それ以降、派遣先企業からは「まぁなんとか大丈夫そうかな」と言っていただき就業が続いていますが、もしもう1回何かあれば契約更新はないでしょう。

 

プライドの持ち方、気を付けたいものですね。

 

 

人材派遣のすべて】へ戻る

ブログTOPへ戻る