サラリーマンの雑記帳 @ 注文住宅建築中

ネット副業の紹介(モッピーなど)。あとは、映画や家造りなど自分の備忘録として使用している雑記ブログです。

副業
映画
インカムハウス
大東建託
人材派遣

実際に出会った派遣社員⑦ 待遇違いで大暴れ!派遣スタッフvs派遣会社

地方の人材派遣会社で営業マンをしていた私が実際に出会った派遣社員とのエピソードを紹介していきます。

 

実際に出会った派遣社員⑦

待遇違いで大暴れ!派遣スタッフvs派遣会社

1つの派遣先企業に対してたくさんの派遣会社が取引していて、

派遣会社Aから3人

派遣会社Bから1人

派遣会社Cから4人

派遣会社Dから2人

派遣会社Eから10人

なんてこともよくあります。

 

ここで厄介なのが、同じ企業で働いていても、派遣会社によって待遇が違うということ。

 

まったく同じ時間・同じ仕事内容をしているのに、時給・交通費の有無・有給の金額に差があるのです。

 

分かりやすくするために極端に書きますが、

派遣会社Aは時給1000円(交通費込)

派遣会社Bは時給1050円(交通費込)

派遣会社Cは時給950円(交通費別途支給)

派遣会社Dは時給1100円(交通費込)

派遣会社Eは時給1100円(交通費別途支給)

 

この場合、派遣会社Eのスタッフが1番待遇が良く、それ以外の派遣会社A〜Dのスタッフは、もし派遣会社Eの待遇を知った時に「同じ仕事しとるのになんで!??」と不満に感じる思います。

 

なぜこんな事が起こるのか。

それは、派遣先企業が各派遣会社に払っている時間単価が違うからです。

 

どこの派遣会社だって、自社の求人を1番良い待遇にして、スタッフさんに満足して働いてもらいたいと思っています。

 

しかし、既に他派遣会社と取引している企業に営業をかけた時に「いま取引しているところよりも100円安い値段で5人連れてきてくれたら取引しても良いよ」という条件を出されることもあり、派遣会社としては金額が安くても売り上げを確保したいため、そのような条件でも取引します。

 

派遣先企業からもらえる金額が安くなれば、スタッフさんに出せる時給も安くなる。

こうして、同じ職場で働いている人たちの待遇が変わってくるのです。

 

「派遣スタッフ同士で待遇面の話をしない」という暗黙のルールはありますが、そんなルールあってないようなもの。

 

微差であれば大きな問題になることはないですが、私が担当していた派遣先企業では、派遣会社によって100円ほどの違いがあるところがあり、そこでスタッフの不満が爆発したことがありました。

 

当時うちから10人ほど在籍していたのですが、うちだけが時給100円安く交通費も時給に込みとなっていたため「私たちの時給をあげないなら他の派遣会社にうつる!!」と大暴れ。

 

いや、大暴れ、という表現は良くないですね。

私が同じ立場でも不満に感じると思います。

 

すぐに対応しないと10人で束になってストライキを起こしそうな勢いだったので、派遣先企業に状況を説明。

 

すると、「理由は覚えてないけど、たしかに御社だけ安い金額になっているから、他社さんと合わせた金額で良いですよ」と対応してもらえることになりました。

 

すぐにスタッフさんに報告すると、納得した人もいれば、「今までの差額分もまとめて払ってよ!!」という人もいました。

 

さすがにそこまでは対応できないので、

・うちの派遣会社がもらっている金額自体が他社よりも安かったこと。

・うちがたっぷり中抜きして時給を不当に安くしていた訳ではないこと。

を説明して、なんとか納得してもらいました。

 

派遣会社の営業マンをやっていると、このようなスタッフからの相談に日々頭を抱えることになります。

 

もし派遣会社の営業マンになろうと考えている人がいたら、よーーーく考えてくださいね。

 

 

人材派遣のすべて】へ戻る

ブログTOPへ戻る