サラリーマンの雑記帳 @ 注文住宅建築中

ネット副業の紹介(モッピーなど)。あとは、映画や家造りなど自分の備忘録として使用している雑記ブログです。

副業
映画
インカムハウス
大東建託
人材派遣
雑記帳

【ピース又吉 原作】「劇場」ネタバレ~解説


映画『劇場』予告

基本情報

公開 2020年7月17日
監督 行定勲
脚本 蓬莱竜太
原作 ピース又吉直樹『劇場』

 

キャスト

永田:山﨑賢人
沙希:松岡茉優
野原:寛一郎
青山:伊藤沙莉
小峰:井口理 (King Gnu)
田所:浅香航大
など。

 

ここからネタバレ! 本編ざっく~り解説

永田(山﨑賢人)は、高校時代に野原(寛一郎)と出会い、脚本を書くようになった。
上京した2人は「おろか」という劇団を立ち上げたが、なかなか理解されず酷評ばかり。

 

そんな時、街中で沙希(松岡茉優)を見つけた永田は「靴、同じやな」と独特なナンパを決行。
最初はもちろん気味悪がられたが、脚本を書いている永田と、女優志望で上京した沙希は次第に意気投合して付き合うようになった。

 

永田が書いた新作舞台の主演女優に沙希を採用すると、その芝居『その日』は大成功!

これをきっかけに劇団「おろか」の知名度も上がり稽古日が増えたためアルバイトできなくなった永田は沙希のアパートへと転がり込み、一緒に暮らすようになった。

 

永田はほとんどヒモ、そんな永田を徹底的に甘やかす沙希。

共依存のような状態になりズルズルと生活を続けていた。


そんな中、永田は野原と一緒に同じ年の小峰(井口理)という人が立ち上げた「まだ死んでないよ」という劇団の芝居を見に行った。

普段は他の劇団を認めない永田だったが、この芝居を見た後の永田の目からは涙が流れていた。

自分との実力の差を見せつけられたようだった。

 

永田は沙希と距離を置いて書き物に集中する為に、かつての劇団員・青山(伊藤沙莉)からライターの仕事を貰い、ギリギリの生活ではあったが一人暮らしをすることにした。

 

それでも、仕事で嫌なことがあると沙希の家に行きなぐさめてもらうという都合の良い生活が続いていた、、、。

そんな時、沙希がバイトをしている店に「まだ死んでないよ」の小峰がよく来ていて、永田の話をしていることを沙希から聞いた永田は、なぜか自分がバカにされた気分になり沙希を責めてしまった。

それ以降、沙希の家に顔を出すことが少なくなった。

 

そんな生活を続けていると沙希もストレスが溜まっていき、酒を飲み、帰りが遅くなっていった。

こうして2人はどんどんすれ違っていき、沙希は「大事な話がある」とメールを送ったが、これに返信したら関係が終わってしまうと思った永田はメールを無視。

 

しかし、いつまでも無視するわけにはいかないと腹をくくった永田は、沙希のバイトしている居酒屋へ顔を出した。

沙希はすでに店長と帰った後だったため、沙希を追いかけて店長の家へ向かった。

 

沙希を見つけて連れて行くことに成功した永田は、沙希を自転車の後ろに乗せて走り出した。

無言の時間を作らないよう永田が一方的に思い出をしゃべり続けたが、2人の間には何とも言えない空気が流れていた。

それからも2人の距離が戻ることはなく、沙希は実家に帰ってしまった。

 

その後、沙希は地元で働くことになったので永田が沙希の荷物を片付けていると、沙希を出演させた芝居『その日』の台本が出てきた。

そうこうしている内に沙希が到着し、久しぶりに再開した2人。

 

永田が『その日』の台本を沙希に見せると、セリフの読み合いが始まった。

それは次第にお互いの今の気持ちの語りへと変わっていき、永田は謝り、沙希は「永くんは悪くない。変わったのは私で、永くんがいなかったらもっと早く地元に帰っていた」と答えた。

 

永田はそれに続けて「元気になった沙希とおいしいものを食べて、温泉に行って、テーマパークに行って、、、」と夢を語ると部屋の壁が全て倒れてそこは舞台上に。

 

いつしか、永田が沙希を想って書いた芝居へと変わっていたのだ。

そして、客席には沙希の姿があった。

芝居が終わりひとり客席に残った沙希は、自分の部屋のセットをじっと見つめ、劇場をあとにしたのだった。

 
『「劇場」まとめ』最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 
*******PR*******
ポイ活副業するならモッピー!
1日1万円以上稼げる案件もたくさん!
このブログから登録すると、300円分のポイントが最初から貰えます♪

 

 

【映画一覧】へ戻る

ブログTOPへ戻る