サラリーマンの雑記帳

様々なことをまとめている雑記ブログ。あなたに役に立つ情報がきっとある!

長州産業SmartPV発電量・売電額報告【2022年3月】フォレストホームサービス

 

 

2020年末に注文住宅の引き渡しを受けた私は、2021年5月にフォレストホームサービスで太陽光・蓄電池(長州産業SmartPV)を契約。

2022年1月に設置工事を完了して、今ではバリバリ発電中!

 

この記事では【2022年3月】長州産業SmartPVの発電量・売電額を報告します!!

2022年3月の発電量

フォレストホームサービスで設置した長州産業SmartPV

発電条件は

■太陽光パネルCS-284B62×18枚(5.112kw)

■蓄電池CB-LMK65A(6.5kWh)

■富山県内の2階建て南向き屋根に設置

 

 

 

2022年3月の発電実績がこちら!

発電 528.9kWh

売電 373.4kWh

買電 901.7kWh

消費 1022.8kWh

 

528.9÷1022.8=0.517≒0.52

2022年3月の電気自給率は約52%でした。

 

電気自給率が約15%だった先月のグラフと比べると、消費がだいぶ減って発電が増えました。

f:id:moppy-and-movie:20220331143016j:plain

発電が増えた理由としては、3月にはいって雪が降らず太陽光パネルが埋もれなくなり、雨や曇りなどの天気が悪い日でも少しずつ発電するようになったのが大きいです。

気温も少しずつ暖かくなり、暖房の使用量が減ったので買電も減りました。

 

2022年3月の売電額

2022年3月の売電額は8,512円でした。

1kWh19円×448kWh=8,512円となります。

先ほど紹介した3月の売電量は373.4kWhとなっていますが、これは3月1日~3月末日までの売電で、448kWh(8,512円)というのは3月3日~4月4日の期間の売電量。

期間が少しズレているので電力量にもズレがあります。

 

 

 

太陽光がなかった去年の電気代との比較

電気使用条件・我が家の断熱性能は

■夫婦2人・4歳・2歳の子供の4人家族

■石友ホームグループ「インカムハウス」

■富山県内で2020年に契約した新築注文住宅

■オール電化

■ウレタン吹付(屋根250mm,壁90mm)

■基礎断熱ポリスチレン保温板120mm

■アルミ樹脂複合 三協立山マディオJ(Low-E)

■延べ床約38坪

 

去年の3月の電気代が20,786円で、

今年の3月の電気代が19,230円でした。

 

売電額円を引くと実質電気代は

19,230ー8,512=10,718円

 

去年との差は

20,786ー10,718=10,068円安くなりました。

 

  2021年 2022年
電気代 売電額 買電額 実質電気代 昨年との差
1月 ¥31,399 ¥1,273 67 kwh ¥31,953 ¥30,680 -¥719
2月 ¥28,857 ¥1,900 100 kwh ¥29,309 ¥27,409 -¥1,448
3月 ¥20,786 ¥8,512 448 kwh ¥19,230 ¥10,718 -¥10,068
4月 ¥18,157     kwh      
5月 ¥10,316     kwh      
6月 ¥8,531     kwh      
7月 ¥12,294     kwh      
8月 ¥13,163     kwh      
9月 ¥11,343     kwh      
10月 ¥10,998     kwh      
11月 ¥19,466     kwh      
12月 ¥30,756     kwh      
合計 ¥216,066 ¥11,685 ¥80,492 ¥68,807 -¥12,235

 

雪がなくなったことで、だいぶ太陽光の恩恵を受けれるようになってきました。

この感じだと夏は売電と買電が逆転してくるかなー

グリエネなら全国450社以上の太陽光・蓄電池販売施工会社からあなたに合う最大5社を紹介!

太陽光・蓄電池が気になっている人は、無料見積もりだけでもしてみましょう♪

 

 

 

▼あわせて読みたい▼

ブログTOPへ戻る