サラリーマンの雑記帳 @ 注文住宅建築中

ネット副業の紹介(モッピーなど)。あとは、映画や家造りなど自分の備忘録として使用している雑記ブログです。

副業
映画
インカムハウス
大東建託
人材派遣

【伝説の誕生】「ボヘミアン・ラプソディ」ネタバレ~解説


ボヘミアン・ラプソディ (吹替版)

基本情報

公開 2018年11月9日
監督 ブライアン・シンガー
脚本 アンソニー・マクカーテン

 

 

キャスト

フレディ・マーキュリー - ラミ・マレック(櫻井トオル)
メアリー・オースティン - ルーシー・ボイントン(川庄美雪)
ブライアン・メイ - グウィリム・リー(北田理道)
ロジャー・テイラー - ベン・ハーディ(野島裕史)
ジョン・ディーコン - ジョゼフ・マゼロ(飯島肇)
ジョン・リード - エイダン・ギレン(志村知幸)
ポール・プレンター - アレン・リーチ(鈴木正和)
ジム・ビーチ - トム・ホランダー(赤城進)
レイ・フォスター - マイク・マイヤーズ(咲野俊介)
ジム・ハットン - アーロン・マカスカー(花輪英司)
ジャー・バルサラ - メネカ・ダス(佐々木優子)

など。

 

ここからネタバレ! 本編ざっく~り解説

後にフレディ・マーキュリーと名乗るように青年のもとの名はファルーク・バルサラ。

彼は、空港で働きながら曲を書いていた。

ある日ライブハウスに行くと、そこで観たバンド「スマイル」に一目惚れ。

バンドメンバーに声を掛けようと終演後に捜し歩いていると、その時にすれ違った女性・メアリーに一目惚れ。

(1日に2回も一目惚れするなんて人生楽しそうですね。)

 

スマイルのメンバーを見つけたファルークは、自分をボーカルにしてほしいと志願して加入。

こうして伝説のバンド「クイーン」、爆誕!!

これをきっかけにファルークはフレディと名乗るようになった。

 

クイーンはこれまでにない斬新な演奏方法や音楽の方向性をもっており、それが大物マネージャーの目に留まり、テレビ番組への出演が決定。

そこで披露した「キラー・クイーン」が大バズリしてクイーンはあっという間に売れっ子に。

フレディは、どれだけ忙しくなってもあの日一目惚れしたメアリーへの気持ちを忘れることはなく、メアリーにプロポーズをした。

返事は・・・もちろんOK。2人は永遠の愛を誓った。

 

出す曲出す曲ヒットして絶好調のクイーンが「次はこれだ!」と作った自信作は6分越えの超大作「ボヘミアン・ラプソディ」。

しかし、レコード会社の担当者は「6分は長すぎるからラジオで流してもらえないからダメ、何歌ってるか意味わからん歌詞なのもダメ、この曲はダメだ!」と全否定。

別の曲を用意するようにクイーンに要求したが、クイーンはこれを拒絶。

和解できないまま、クイーンはこのレコード会社との契約を終了。

 

フレディは知人のラジオDJに直談判し、無理やり「ボヘミアン・ラプソディ」をラジオで流してもらったところ、、、大絶賛。世界に名を轟かせる大スターへと上り詰めた。

 

この頃からフレディは自分がバイセクシャルだという事に気づき、メアリーもフレディの異変に気づき2人は別れることに・・・

フレディはクイーンのマネージャーであるポールと大人の関係になってしまい他のメンバーたちとの間に亀裂が・・・

フレディと別れたメアリーは新しい恋人を・・・

 

全てが悪循環になってしまっていた時に、なんと、フレディが勝手にソロ契約を結んだのだ。

これがとどめとなり、フレディはクイーンのメンバーから離れてしまう。

 

1人で曲制作を進めるフレディ。

レコーディングをしている時に咳きこんで口を手でおさえると、その手には血が。

病院にいくと「エイズ」の診断を受けたのだった。

また、フレディのもとに、アフリカ難民救済を目的とした20世紀最大のチャリティコンサート「ライヴ・エイド」出演のお誘いがくるが、電話をうけたマネージャー・ポールは「フレディは忙しい」とフレディに確認することなく勝手に断っていた。

それを知ったフレディは激怒し、ポールを解雇。

メアリーに相談し、フレディは自分にとってクイーンは家族だと気づかされる。

 

フレディはクイーンのメンバーに謝罪し、今後は、全ての曲をクイーン名義にしてギャラを均等にするという条件でメンバーと和解。

「ライヴ・エイド」への出演も決まり、クイーン、再始動。

エイズのせいで喉の本調子が出ないフレディをメンバーは心配するが、本番までには必ず調子を整えると約束する。

 

こうして迎えた1985年7月13日「ライヴ・エイド」当日。

「ボヘミアン・ラプソディ」、「RADIO GA GA」、「ハマー・トゥ・フォール」、「愛という名の欲望」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」、「伝説のチャンピオン」を披露し、大盛り上がり。イベントは大成功をおさめたのだった。

 

 

 
『「ボヘミアン・ラプソディ」まとめ』最後まで読んでいただきありがとうございました!

f:id:moppy-and-movie:20200815084417j:plain

 

【映画 本編概要~解説 一覧】へ戻る

ブログTOPへ戻る