サラリーマンの雑記帳 @ 注文住宅建築中

ネット副業の紹介(モッピーなど)。あとは、映画や家造りなど自分の備忘録として使用している雑記ブログです。

副業
映画
インカムハウス
大東建託
人材派遣

【殺人犯に仕立てられた男の運命】「ゴールデンスランバー」ネタバレ~解説


映画「ゴールデンスランバー」プロモーションビデオ

基本情報

公開 2010年1月30日
監督 中村義洋
脚本 中村義洋、林民夫、鈴木謙一
原作 伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』

 

キャスト

青柳雅春 - 堺雅人
樋口晴子 - 竹内結子
森田森吾 - 吉岡秀隆
小野一夫 - 劇団ひとり
キルオ  - 濱田岳
近藤守  - 石丸謙二郎
佐々木一太郎 - 香川照之
矢島   - 木下隆行(TKO)
青柳照代 - 木内みどり
青柳平一 - 伊東四朗
など。

 

ここからネタバレ! 本編ざっく~り解説

宅配ドライバーの青柳雅春(堺雅人)は数年前、襲われそうになったアイドルを助けて一躍有名人になっていた。

仕事も順調にこなしていたある日、大学の同級生である森田森吾(吉岡秀隆)から釣りに行こうと誘われた。

その日は金田首相の凱旋パレードの日で、合流した2人は凱旋パレードがおこなわれている通りの裏路地に停めてある森田の車に乗り込んだ。

 

最初は車内で何気ない会話をしていた2人だが、森田が神妙な面持ちで「お前は首相暗殺の犯人に仕立てあげられる、オズワルドにされるぞ」と言い出した。

 

森田は、奥さんが作った借金をチャラにする代わりに何者かに青柳を車に乗せるよう指示されたんだと説明するが、青柳は「またまたー冗談きついよー」くらいのテンション。

しかしその直後!

凱旋パレードがおこなわれている大通りで大爆発。

森田の言う通り、首相は何者かに暗殺されたのだ。

 

そして「青柳、逃げろ、逃げて生きろ」と青柳を車から降ろすと、森田が乗っていた車も爆発。

何が起こっているのか理解できない青柳だったが、警察から追われていることに気がつき無我夢中で逃げて、森田と同じ大学時代の友人である小野(劇団ひとり)に連絡を取り、家へ行くことにした。

 

やっとの思いで小野の家についたが、小野は落ち着きがなく「レストランで待ってて、後から行くから」と青柳をレストランへ向かわせる。

約束通りレストランで待っていると、そこに警察が。。。

 

ギリギリで気づいた青柳はレストランを裏口から逃げ出し再び小野の家へ向かうと、そこには警察に暴行されて怪我をしている小野の姿。

そして、青柳も待ち伏せしていた警察に捕まってしまう。

 

パトカーに乗せられ捕まりそうになるが、連続通り魔事件の犯人・キルオ(濱田岳)がパトカーを襲撃して青柳を助けてくれた。

その後、キルオや、大学時代の彼女・樋口晴子(竹内結子)達の協力もあり逃走を続けるが、警察は青柳を首相暗殺の犯人として全国に報道・指名手配をして国をあげて捕まえようと動く。

 

これ以上逃げ回ることは難しいと判断した青柳は、大勢のマスコミの前であれば警察も撃ってくるなど暴挙には出ないと考え、マスコミに「俺はやっていない!」無実を告白しようと決意する。

 

しかし、意を決した生中継は、全てを話す前に途中で警察により阻止されてしまう。

青柳も捕まりこれで終わりか、、、と思いきや、青柳はマンホールから逃走。

 

実は、逃走中に知り合った保土ヶ谷康志(柄本明)から「下水は繋がっているから逃げるのに便利だぞ」とアドバイスがあり、樋口達が協力してマンホールの蓋を出入りしやすいように軽いものに交換していたのだ。

 

その後、青柳の死体が発見されたというニュースでこの事件は終わりを迎えるが、実際には青柳は死んでおらず、昔助けたアイドルから医者を紹介してもらい整形によって顔を変え、ひっそりと生活していた。

 

なぜ青柳が犯人に仕立てられた?

この映画を見て誰もが抱く疑問だと思います

はっきりとした理由は作中でも明かされていませんが、他の考察サイトを見てみると、アイドルを助けて有名になった一般人を犯人にすることで世間の注目を集めることができるからという説が1番有力です。

 

自分でもそうだと思います。

どこの誰かわからない人を犯人にするよりも、世間に良い印象があり知名度の高い人を犯人にした方が注目度は高いですからね。

大きい組織が首相暗殺の罪をなすりつけるために青柳をターゲットにした、、、というところでしょう。

 

 
『「ゴールデンスランバー」まとめ』最後まで読んでいただきありがとうございました!
 
 
******************************
ポイ活副業するならモッピー!
このブログから登録すると、300円分のポイントが最初から貰えます♪

 

 

【映画一覧】へ戻る

ブログTOPへ戻る